スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【LE】 宇部漫画倉庫チーム戦 大会レポート

こんにちは。LEです
昨日は宇部の漫画倉庫でチーム戦があるということで
嗣永ぷろ君、八意君に招集されて大会に出てきました。

そのレポートを書きます。



宇部漫画倉庫チーム戦
形式:総当たり6回戦

チーム:パチンカス  ※自分はパチンコしたことないし、やり方もわかりません
A:八意  代償マシンガジェ
B:嗣永ぷろ  カオスドラゴン
C:LE  六武衆

今回は六武衆で参加しました。
理由としては、サイドチェンジ後の形に非常に魅力を感じたというところが大きいです。
また後述します。


一回戦:ファントムノーレ+墓地BF

一セット目
早い段階で、シエンエニシを揃えるも、ゴーズ持ち。
エニシではじきつつ、ザンジをサーチできるカードや
ルーラーに辿り着けるリソースを待つ。しかしバックがこの時点で勾玉×2
次のトップも勾玉3枚目で、機能する防御札はなし。
この隙にグレファーSSからのノーレリセットを許し敗北   ×

二セット目
初手に結束も門なし。ザンジとエニシが並ぶ弱いハンド。
3枚投入したマクロも初手にはなく、負けが見えるも
相手からのアクションがなく、次にトップした師範とザンジで殴る。
ダークグレファーからのブリューナクをヴェーラー+幽閉ではじき
返しに勾玉を構えエニシを追加し殴りきり勝利  ○

三セット目
この時点で残り時間かなり少なく、ETを意識する。
幽閉をフルで投入し、勾玉も2枚に。結束はフルでサイドアウト。

初手:エニシ 師範 月 幽閉 勾玉×2

相手はモンスターと2枚の伏せカードを置き終了。
こちらエニシを召喚。師範を特殊召喚。4枚のカードをすべて置きエンド。
するとエンドフェイズに飛んできたのはゴッドバードアタック。
これで抜かれた二枚がまさかの月幽閉。勾玉のみの貧弱なバックに。
特に表情には出さなかったけど、これでもう防御手段がないと思われたのか
次のターンでシロッコを捨てたグレファーSSからのブリューナク+異次元からの埋葬で
全部無視されてアタック食らい、ET。このライフ差が返せず終了。  ×

×○×


横二人が勝ってくれてチーム勝利。





二回戦:スキドレラギア


一セット目
後攻。相手のラビット召喚にヴェーラーを当てる。2伏せエンド。
初手が門、荒行、増援、影武者、キザン、勾玉。
ラビットがいる以上待つわけにはいかない。
門発動からの影武者キザン。通る。増援キザン。そのままSS。通る。
影武者対象に荒行プレイ。通る。ここでマクロコスモス発動。
シエンの特殊召喚も通り、門のカウンターでキザン、師範を呼び出し削りきり。
残り一枚の伏せは奈落でした  ○

二セット目
相手苦い顔をしながら、先行ラビットからワーウルフ×2。
マエストロークを呼び出し3伏せエンド。
こちらはカゲキを守備で起き、サイク、幽閉、警告を置いてエンド。
相手アレキサンドを追加して殴りに来るも、カゲキでストップ。
次のドローは結束でそのままエンド。
相手はワーウルフ追加から、カチコチドラゴンを呼び出しアタック。幽閉。
そのままエンド。
次のドローは荒行。じっくりと勾玉まで構えたかったが、結束がこの時点で手札に2枚。
これ以上の溜め込みは後続が機能しなくなると判断。結束2枚発動。
ザンジの召喚は通るも、処理後にマクロコスモス。スルー。
ザンジに荒行を発動し、キザンをSS。これも通る。サイクロンをマクロに対して発動。
処理後にマクロもう一枚撃たれたため、警告発動。
4枚のドローが成立し、ヤイチ、幽閉、勾玉、門が手札に加わる。
ザンジでマエストロークを殴った後、ブラックコーン号SS。これは警告を食らう。
次のターンもアクションがなかったため、門からヤイチ、師範と投げつけ
アドバンテージが開きすぎる。このまま勝利。   ○


○○‐

チーム勝利。






三回戦:海皇(メガロアビス入り)


一セット目
後攻。相手はウンディーネで竜騎隊を落としディーヴァをサーチ。2伏せエンド。
初手に門結束狼煙なし。カゲキを召喚し効果起動。チェーンなくキザンSS。
キザンでウンディーネを攻撃するとデモンズ。カゲキでウンディーネ破壊。
デモンズ撃つ意図がよくわからなかったけど、勾玉、デモンズ、警告を置いてエンド。
この時点で手札はもうヴェーラー一枚。雲行きが怪しい。
相手はサイクロンで勾玉を割った後、ウンディーネを召喚。
これに警告を撃つと、竜騎隊と狙撃兵を捨ててメガロアビスがSSされる。
チェーン3でメガロアビスにデモンズチェーンを当てて、狙撃兵は回避。そのままエンド。
次でトップしたのは影武者。そのまま召喚しメガロアビスの2400を超えるべく
カゲキとのシンクロでシエンを目指すもこれには宣告。そのまま終了。
相手は次のターンでディーヴァを召喚。これにヴェーラー。そのまま終了。
こちらのトップがエニシ。これが強く、ディーヴァを戦闘破壊。
続くディーヴァからの展開もエニシで止めて、トップした狼煙からカゲキをサーチ。
バトルフェイズに入り、カゲキで自爆、エニシの効果でメガロアビスをバウンスし
残りのライフをエニシが削り取って勝利。   ○

二セット目
相手の2伏せエンドに対し、大嵐発動。ライオウを召喚し攻撃。
マクロ、警告を置き、相手のスタンバイでマクロ発動。
相手は1枚の伏せを置いてくるのみ。返しもライオウで殴るとデモンズを食らう。
手札がキザン、キザン、ザンジだったためそのままエンド。
相手は次のターンも何もせずエンド。こちらのドローがキザン三枚目w
ザンジ召喚からキザン3枚投げ、エクスカリバー+ショックルーラーで勝利 ○

○○‐

横二人が負けてチーム敗北。







四回戦:HEROビート

一セット目
後攻。相手は謙虚からスパークをサーチし、Eコールでアナザーをサーチ。
アナザー召喚2伏せでエンド。
こちら初手がかなり前のめりで、勾玉、諸刃を置き1ターン待つ。
次のターンのアクションはアナザーで殴ってくるのみ。
返しで狼煙からご隠居回収。結束の発動から隠居SS。キザンSS。
2ドローし、脱出と警告を手に入れる。
隠居対象に荒行を発動するとこれにスパーク発動。これには勾玉を合わせ
シエンが成立。諸刃まで発動し、ナチュルビーストも横に並ばせ手札を全部置く。
これが超えられず勝利  ○

二セット目
相手の2伏せに対し大嵐発動。カゲキ影武者の流れが通りシエンSS。
幽閉、勾玉、脱出全部置き、超融合も撃たれず勝利。  ○


○○‐


チーム勝利。




五回戦:HEROビート

一セット目
先行。結束からの影武者荒行でシエンSS。諸刃を含むバック4枚置いてエンド。
相手ターンは裏モンスター+2枚の伏せで返ってくる。
トップで増援をつかんで、エニシをサーチ。エニシ、師範と並べ師範でアタック。
すると裏守備はバブルマン。そのまま諸刃も発動し、殴った後でナチュルビーストSS。
脱出があるため超融合もケアできる強固な布陣が出来上がり勝利  ○

二セット目
後攻。初手に結束2枚あるものの、手札にザンジしかモンスターがおらず、幽閉もない。
勾玉を置いて攻めの機を待つも、ドローするのは奈落やサイクロン…
先行でだされたアナザーネオスに4回殴られ、もう後がないため仕方なく
結束3枚貼りからのザンジ召喚。警告をもらい敗北  ×

三セット目
先行結束2枚貼りからのカゲキ影武者。シエン+4ドローが成功するも
バック0。大嵐のみ置いてターンを渡す。
返しで相手はモンスターセット、2枚の伏せを置いてエンド。
続くドローで幽閉をつかむ。大嵐発動。ここで飛んだ2枚が思い出せない…
エニシ召喚、師範SSから師範で裏に突っ込むと、パキケがめくられる。
エニシは場に残るためシエンの身代わりとなり、師範の効果でエニシを回収。
サイクロン、幽閉を置いてエンド。
相手はモンスターと一枚の伏せを置いてエンド。エンドサイクでこれを射抜く。
返しでエニシ召喚。裏守備を殴ると女戦士でエニシは飛んでいく。
シエンで殴り、サイクロンを置いてエンド。
相手は次もモンスターと一枚の伏せを置いてエンド。エンドサイク。
返しでキザン召喚。シエンで裏守備に殴るとバブルマン。キザンで殴り荒行発動。
ザンジの攻撃が通り勝利  ○

○×○

チーム勝利。



六回戦:HEROビート

一セット目
先行で宣告、諸刃、警告を置きエンド。
返しで相手は2枚の伏せと裏モンスターを置いてエンド。
トップは荒行。狼煙でご隠居を呼び、結束からご隠居→荒行。
キザンをSS。シエンをSSすると警告を食らったためこれに勾玉。
裏守備もキザンで殴るとスノーマン。対象シエンをキザン身代わりで守る。
諸刃発動。ナチュルビーストまで横に並べ抑え込み勝利。  ○

二セット目
後攻。伏せが1枚のみ。影武者、キザン、蘇生、サイク、門、荒行。
本日一番強いハンドです。サイクロン起動から開門。
影武者キザン荒行。ご隠居SS。シエンSS。
カウンター8個取り除きキザン2枚サーチ。これをそのままSS。
エクスカリバーSS。効果を起動し、門の効果でキザン回収。
キザンSS。蘇生キザンでショックルーラーSS。モンスター効果宣言。勝利  ○

○○‐




結果:優勝

宇部まで行ってよかったです!
個人成績は、八意4-2  ぷろ君4-2  自分5-1
と足は引っ張らずに済んだのでよかったです。

組んでくれた二人はありがとう!
六武は面白いデッキなのでもっと使い込んでいきたいと思ってます。


では…リザレクション!!
スポンサーサイト

【しゃろみら】ペンギン 考察

モンスター(27枚)
冥府の使者ゴーズ
大皇帝ペンギン×2枚
子型ペンギン×3枚
黄泉ガエル
レスキューラビット×3枚
ボルト・ペンギン×3枚
ペンギン・ナイトメア×3枚
ペンギン・ソルジャー
バトルフェーダー×3枚
ドラゴン・アイス
トビペンギン×3枚
エフェクト・ヴェーラー×3枚

魔法(8枚)
突撃指令
大嵐
死者蘇生
月の書
強制転移×3枚
闇の誘惑

罠(5枚)
水霊術-「葵」×3枚
マインドクラッシュ×2枚


【ペンギン】について考察していきたいと思います。
まず最初に心に留めておいて欲しいのは何と言ってもデッキパワーの高さです。

レスキューラビットのカードパワーは皆もご存じだと思いますが、大皇帝ペンギンは知らない方もいらっしゃると思います。
ぶっちゃけて言いますとレスキューラビットの完全上位互換です。

いまいちピンと来ない人の為に分かりやすく比較してみましょうか。


[特殊先モンスター]
・レスキューラビット
バニラしか出せない等と使い難いことこの上ない。
更に同名カードしか出せない同名を2枚引いてしまうとまだ異形の従者の方が使えるレベルで弱いです。

・大皇帝ペンギン
バニラ以外でもデッキから持ってくることが可能で効果無効等の制約もない為、強力な効果である事は言うまでもない。
なんとこちらは前述のレスキューラビットとは違い同名以外でも特殊召喚可能な為引けば勝ちが多いに近付くこと間違いなし。


[制約]
・レスキューラビット
バニラ且つ同名モンスターという非常に厳しい縛りを超えて尚1ターンに1度という回数制限までかかっている為追撃も不可と攻め遅れる事が多く勿体ない点を数多く含む。

・大皇帝ペンギン
先程述べた通り「ペンギン」という名が付いていれば如何なるモンスターでも2枚特殊召喚する事が可能。
更にリビングデッドの呼び声や死者蘇生,戦線復活の代償等を用いることにより追加で展開する事も出来て使う分には頼もしいが相手に回すと厄介なことこの上ないカードである。


[ステータス]
・レスキューラビット
エフェクト・ヴェーラーをくらった場合何のために場に出てきたのかわからないくらいの置物と化す。
そうなった場合、まだ漬物石の方がマシという事を覚えておいて損はないだろう。

・大皇帝ペンギン
それに比べこちらはエフェクト・ヴェーラーをくらっても1800という高打点で場を制圧。
倒せるのはダムド開闢くらいのものだろう。


以上の事から大皇帝ペンギンの強さを分かって貰えたと思うので本題に入る。


大皇帝ペンギンと比べてしまうとどうしても見劣りするレスキューラビットだが、強いカードには変わりはない。
その非常に高いカードパワーを持つ2種類のカードを両方詰み込めるデッキは早々無く、これ以上パワーの高いデッキを私はダークガイアしか知らない。


前置きは置いておいて解説…と行きたいところだが、このデッキには無限の可能性が詰まっている回し方は各自で考えて欲しい。
同様の理由でエクストラは非公開です。


最後に参考に今流行りのデッキとの相性でも載せておこうと思う。

・VS 甲虫装機
小型ペンギンが使い辛く非常に相性の悪い相手と言えるだろう。
こちらのレスキューラビットや大皇帝ペンギンが通ったとしても勝つ事は厳しい。
ただその場合もエフェクト・ヴェーラーをダンセル等に当て時折勝ち誇った顔をすることにより試合に負けてもデュエルで勝った気分になれます。


・VS HEROビート
ペンギン・ナイトメア,ペンギン・ソルジャーで融合体やエクシーズを除去出来るので苦も無く勝てるだろう。
レスキューラビットや大皇帝ペンギンで発条機雷ゼンマインを設置する事で優位に立てるのもポイント。


・VS アライブHERO
カモ。
ワンキルしに来たところをバトル・フェーダーで喰いとめフェーダーと相手モンスターを転移したり美味しい要素を数多く含んでます。
エクシーズでビートしてきた場合もバウンス系リバースペンギン達でなんとでもなります。
墓地にペンギン・ナイトメアやペンギン・ソルジャーが存在すれば小型ペンギンでもいいし最高の相性です。


・VS 聖刻
これは五分五分と言ったところ。
こっちのデッキパワーもさることながら相手もなかなかのもの。
そう簡単には勝たせてくれないでしょう。
ただ先行トレミス等された場合転移が生きるので勝ちは貰った様なものです。


・VS 六武衆
相手がこの【ペンギン】というデッキを把握してキザン師範でごり押してくると勝ち目は無くなりますが、シエンやナチュル・ビーストで制圧しようとしてくるとペンギンだけにでペンペンバウンス出来るので勝てます。
相手が【ペンギン】について知ってるか否かが勝負のカギです。
もし知らない場合は9割方勝てます。


・VS ガジェット
やったことないので分かりません。



どうでしょうか?
甲虫装機以外にはとても強く安定性があるので一度使ってみることを私はお勧めします。 

それでは良い夏休みを。

【LE】 お触れホルス 解説

こんにちは。LEことEllyです。

今日は現環境で猛威を振るっている【お触れホルス】についての解説をしたいと思います。

※これは2012年7月23日の記事です。


【デッキレシピ】

3 レッドアイズ・ダークネスメタル・ドラゴン
3 ホルスの黒炎竜LV8
3 ホルスの黒炎竜LV6
3 ホルスの黒炎竜LV4
3 ロード・オブ・ドラゴン‐ドラゴンの支配者‐
3 ホルスのしもべ
3 エフェクト・ヴェーラー

3 禁じられた聖槍
3 突進
3 収縮
3 ドラゴンを呼ぶ笛
3 サイクロン
1 死者蘇生

3 王宮のお触れ


【基本的な立ち回り】

・ホルスの黒炎竜LV8
星8/炎属性/ドラゴン族/攻3000/守1800
このカードは通常召喚できない。
「ホルスの黒炎竜 LV6」の効果でのみ特殊召喚する事ができる。
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、
魔法カードの発動を無効にし破壊する事ができる。

・王宮のお触れ
永続罠
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
このカード以外のフィールド上の罠カードの効果を無効にする。


自分フィールドにこの二枚のカードを揃えることで、ホルスの黒炎竜LV8は
モンスター効果、戦闘破壊以外での除去ができなくなります。
LV8の攻撃力は3000もあり、多分戦闘破壊もされないんじゃないでしょうか

ホルスの黒炎竜LV4は、攻撃力が1600であり
魔法の補助なしでは戦闘もろくに行えないので
突進、収縮、禁じられた聖槍は各3積です。

また、ホルスをレベルアップさえ段階での妨害をシャットダウンできる
ロードオブドラゴンは、笛を吹くことで手札に溜まった邪魔なホルスLV6を場に出せます。

ホルスがレベルアップできないときは、とっととレッドアイズダークネスメタルドラゴン
に変えてしまいましょう。2800なら大抵なんとかなります



【なんで?!みんながおもうふしぎなところ】

・どうして3枚づつホルスが入ってるの?
最大3回の変身を残してるのに、その選択肢をなくすなんてもったいない

・大嵐の不採用
せっかく発動した王宮のお触れを巻き込んでしまっては美しくない。
潔く採用はあきらめるのが男気というものでしょう。

・ホルスのしもべ
このカードは、ロードオブドラゴンと比較しても
何一つ優秀な点が見つからないカードですが、せっかくお触れホルス
というぐらいなのだから、一枚ぐらい入れてあげないと可哀そう。
そして枠が2枚余ったためフルで採用に至りました。

・龍の鏡
そんなにドラゴンが溜まるわけないだろ
何を出すつもりなんだお前は




【このデッキは環境デッキに対抗できるのか?】

VS インゼクター
運よくホルス8とお触れを揃えたところで、ホーネットを装備した虫けら一匹に潰されます。
対抗策としてエフェクトヴェーラーがありますが、効果を止めたところで
ホルスLV4の攻撃力は1600。ダンセルは戦闘破壊できますがセンチピードはよくて相打ちです。
ジュラックグアイバがいかに優秀なカードかわかりますね。
しかも今はギガマンティスの複数積まれた構築をよく見かけるため、ホルスLV6すら犬死にする
可能性は高いです。絶望的なマッチングといえるでしょう。まいっちんぐ

VS HEROビート
運よくホルス8とお触れを揃えたところで、ホルス8の効果が任意効果であるがために
このブログでは有名なインチキカード超融合により一瞬で場は崩されます。
また、このデッキが使うモンスターの基本打点がエアーマンの1800、アナザーネオスの1900であり
ホルスLV6がモンスターを一匹たりとも倒せないという最悪の相性。
このデッキは戦士族を多く使うため、エクシーズにもH-Cエクスカリバー、ガガガガンマンと
ホルスLV8をたやすく超えてくるものが平気で存在します。絶望的なマッチングといえるでしょう。

VS 聖刻
運よくホルス8とお触れを揃えたところで、相手の展開に必要とするカードはほぼモンスターであり
出てくるエクシーズにも、セイクリッドトレミスm7、甲虫装機エクサビートルなど
ホルス8を平気で超えてくるものがうじゃうじゃいます。
このデッキもレッドアイズ・ダークネスメタル・ドラゴンを使用しますが、何か相手のほうが
うまくこのカードを使ってる感じがしますね。その通りです。絶望的なマッチングといえるでしょう。

VS ガジェット
マシンナーズ・フォートレスというインチキカードが消滅しない限り勝てません。




【結論】
現在はナチュルビーストというカードが存在するので
そちらのほうが使い勝手もよく、無理なくデッキに組み込めるでしょう




おわり

【へろゐん】素早いデッキ 考察

モンスター(17枚)
素早いマンボウ×3枚
素早いマンタ×3枚
素早いアンコウ×3枚
ジャンク・シンクロン×3枚
ジェネクス・コントローラー×2枚
ジェネクス・ウンディーネ×3枚

魔法(12枚)
貪欲な壺
調律×2枚
大嵐
死者蘇生
強欲なウツボ×3枚
サルベージ×3枚
おろかな埋葬

罠(11枚)
激流葬×2枚
フィッシャーチャージ×3枚
バブル・ブリンガー×3枚
サンダー・ブレイク×3枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・ジェネクス・トライアーム
No.17 リバイス・ドラゴン
No.30 破滅のアシッド・ゴーレム
No.96 ブラック・ミスト
TG ハイパー・ライブラリアン
ガチガチガンテツ
シャインエルフ
ジャンク・バーサーカー
ダイガスタ・フェニクス×2枚
ブラック・ローズ・ドラゴン
ミスト・ウォーム
氷結界の龍 グングニール
氷結界の龍 ブリューナク


【素早い】について解説していきたいと思います。
基本的な立ち回り、打点の生み出し方等を含んだ各カードの採用理由、等を順番に解説していきたいと思います。
なにぶんこのデッキを構築してからまだ一度も調整したことがなく回したことさえないので、今後しっかり調整していければと思います。新しい環境の覇者として君臨することの出来るようなデッキになれば幸いです。

基本的な立ち回り
主軸は素早いモンスター達の☆2エクシーズ。アンコウの効果を2回使用すると一瞬で玉切れしてしまうために、貪欲な壺やサルベージ+強欲なウツボで回収して玉を補充する。
また、デュアルスパークの完全上位互換と思われがちなフィッシャーチャージ(デュアルスパークと同じくカード名の間に・はありません)を採用することで大型モンスターやバック割もこなすことができる。
下級のビート性能は皆無なので、ガンテツで強化したフェニクスや、ジャンクシンクロン、ジェネクスコントローラーから繰り出すモンスターで戦線を維持することが基本となる。
ただし、長期戦は難しいデッキなのでキルを狙える時は積極的に狙っていくことが必要となる。

各カードの採用理由
・素早い
魚族の素早い達を投入した。理由として、水属性・魚族といった共通のステータスを併せ持つからで、それにともった恩恵が他の素早い達に比べて多いからである。
当初はアンコウの効果をフル活用するため素早いモモンガ等の採用も考えていたが、枠的に厳しい事、シナジーの無さから採用を諦めた。
キーカードは勿論素早いアンコウで、他の素早い達の効果はおまけ程度のものと考えてもらって問題ないが、一応アンコウ以外でも展開はできる。
例えば素早いマンタ。激流葬からモンスターを流した後にマンタを二体出せる。相手の追撃が考えにくい場面では激流葬で空いた場へきつい一撃を見舞うことが出来るため狙っていくのもありといえる。
次に素早いマンボウ。こちらは素早いアンコウを落とすことで、素早い二体+マンボウという布陣を作ることができる。同様にそれ以上の追撃が考えにくい時には出してもよい。返しにブラックミストを立てることで相手のモンスターを確実にしとめられるだろう。
素早いアンコウの発動ギミックは多く搭載されているが、それについては他のカードの紹介で触れることとする。

・ジャンク・シンクロン、調律
シンクロン3,調律2と多くの比重が置かれている。これはレベル5シンクロを出しやすくするためであり、攻め手二欠けるこのデッキの後続、打点となりうるカードだからである。素早いアンコウを2回発動する等で素早い達を四体フィールドに並べることができれば、ダイガスタフェニクス、ダイガスタフェニクス、レベル5シンクロの場を作ることができ、3000+3000+2000以上で8000のライフをもぎ取ることができる。
他にも素早いが場に一体、墓地に一体いれば、ジャンクシンクロン召喚からレベル7シンクロへ繋げることができる。これについてはエクストラの解説で詳しく触れることとする。

・ジェネクス・ウンディーネ、ジェネクス・コントローラー
採用を迷ったが結局採用したカード。このスペースは他に有用なカードがあれば変更しても良いと考えている。
ウンディーネ効果は勿論アンコウを落とす。コントローラーはジャンクシンクロンには劣るが、予めアンコウ効果が発動できていればグングニールへ繋げることができる。また、ウンディーネがフィールドに維持できれば、これまたアンコウの起動トリガーとなるトライアームへとつなげることもできる。

・バブル・ブリンガー
相手の攻撃を抑制する効果、さらに墓地から二体ものモンスターを蘇生できるといった強力な効果を併せ持つ永続トラップである。単純に素早いを二体出すことでエクシーズ等へつなぐことができるパワーカードなので採用した。

・サンダー・ブレイク
少々稚拙な発想だが、サルベージからのサンダーブレイク。アンコウをコストにすることで相手のバックをはぎながら展開することも可能である。エンドフェイズにアンコウアタックをかまして相手を涙目にしてあげるのも良いだろう。びりびりだ。

エクストラデッキ
・A・ジェネクス・トライアーム
レベル6のシンクロ。基本的にはウンディーネ+コントローラーで出す。効果でアンコウを切ることでバックを割りつつトライアーム+素早い二体の布陣が整う。

・ジャンク・バーサーカー
この辺りはどうでもいい 変えて良い。ごつい。

・氷結界の龍 グングニール
このデッキの第二の核(セカンド・カク)とも言えるカード。効果でアンコウを2枚切ることができ、且つデッキに素早いを二種類忍ばせておくことができれば、グング+フェニクス+フェニクスという布陣を作ることができ、且つグングの効果で相手の場はほぼ壊滅している筈である。忍ばせる方法はサルベージ+ウツボを利用すればいいだろう。このカードのシンクロに素早いを二体使っている筈なので、一旦デッキへ戻してやる手間はあるが、確実にアドバンテージを得ることができる。
ジャンクシンクロン+素早い二体、コントローラー+素早い二体、で出すことができる。

・氷結界の龍 ブリューナク
グングと同じようなもの。ただし出すルートが少ない。努力努力~

・No.96 ブラック・ミスト
素早い三体で出すことのできる最強の返しカード。

・ガチガチガンテツ
守りのガンテツ

・シャインエルフ
攻めのエルフ

・ダイガスタ・フェニクス
そして我らがフェニクスさん


以上で【素早い】のデッキ考察を終わります。
まだ構築がとがりすぎており、かなり調整をしなければ使い物にならないデッキではありますが、基本ギミックはこのような感じで構築を進めていければなと思っています。
参考になれば幸いです!

以上、へろゐんでした!
プロフィール

金髪ツインテールならだれでもいい

Author:金髪ツインテールならだれでもいい
~このブログの執筆者達~

【偽物の多い男】
しゃーぷ

【なななな】
しゃろみら

【イカ親父】
しゃろん

【ヘイトを集める男】
へろゐん

【コストコン】
まっさん(リーダー)

【牙を抜かれた象】
chise

【夜の宇部】
LE

【仏の心を持つ関西人】
Jr.

【ギャザ男】
天才勝丸様

【Divorce Ninja】
ふる

【仮面受験】
Merry

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
そろばん
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。